プロフィール

岡田 晃

(おかだ あきら)

大阪経済大学特別招聘教授・経済評論家

略歴

1947年
大阪市に生まれる
1971年
慶応義塾大学経済学部卒業
同年
日本経済新聞入社
 松山支局、産業部など
1987年
日本経済新聞 編集委員
1991年
テレビ東京出向
「ワールドビジネスサテライト(WBS)」マーケットキャスター
1994年
テレビ東京 経済部長
「WBS」プロデューサー
 各種経済番組のプロデューサー、キャスター、コメンテーター
1998年
同 NY駐在(~2003年)
 NY支局長、テレビ東京アメリカ(米国現地法人)社長
2003年
同 理事・解説委員長
2006年
テレビ東京退職、経済評論家として独立(~現在)
同年
大阪経済大学客員教授(~2022年3月)
2022年
大阪経済大学特別招聘教授

ページトップへ

主なテレビ・ラジオの出演番組

テレビ東京系列
「ワールドビジネスサテライト(WBS)」
「モーニングサテライト」
「クロージングベル」
「あすの日経朝刊」
「ニュースワイド11」
「ニュースウェーブ615」
BSジャパン
「こちら経済編集長」
東京MXテレビ
「東京マーケットワイド」
ラジオNIKKEI
「マーケット・トレンド」
NHK Eテレ
「知恵泉」
その他、多数
 

ページトップへ

その他の活動、所属団体など

  • 景気循環学会
  • 日本記者クラブ
  • 一般財団法人「産業遺産国民会議」発起人
  • 「新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)」運営委員
  • 埼玉大学経済学部非常勤講師(2007~2010年)

ページトップへ

主な著作

<新刊>

 『徳川幕府の経済政策――その光と影』(PHP新書)

<連載中>

 会社四季報オンライン『賢者は歴史に学ぶ』
   https://shikiho.jp (有料会員限定)

<既刊>

『明治日本の産業革命遺産 ラストサムライの挑戦!技術立国ニッポンはここから
 始まった』(集英社)

『やさしい「経済ニュース」の読み方』(三笠書房)

『これが高齢化社会だ――‟見えざる革命”の衝撃』(共同執筆、日本経済新聞社)

『21世紀への企業戦略――有力50社が描く未来図』(共同執筆、日本経済新聞社)

『新・産業革命――技術突破の衝撃波』(共同執筆、日本経済新聞社)

 他に、新聞、雑誌、ネットメディアなど寄稿多数

ページトップへ

講演・研修の主なテーマ

<経済全般>
  • ・2024年の景気展望――揺れ動く国際情勢と日本経済の行方
  • ・2024年の経済見通し――激変する国際情勢と日本の針路
  • ・2024年の経済見通しと今後の企業経営
  • ・激変する国際情勢と日本経済の行方――それでも日本経済は復活する!
  • ・危機の時代をどう乗り越えるか――それでも日本経済は必ず復活する!
  • ・アフターコロナでどう変わる――日本経済再生の展望と課題
  • ・岸田政権は日本経済を救えるか――景気見通しと再生への展望
  • ・危機を乗り越える日本の底力――“150年のDNA”が日本経済を蘇らせる
<経営・ビジネス>
  • ・危機の時代を乗り越える企業戦略――「ピンチをチャンスに変える」
  • ・危機の時代を乗り越える企業戦略――「課題こそニーズだ」
  • ・危機の時代を乗り越える企業経営――生き残りの条件とは?
  • ・アフターコロナ時代の企業戦略――ピンチをチャンスに変える
  • ・アフターコロナ時代の企業経営と働き方改革――危機を乗り越える戦略とは?
  • ・危機の時代の事業承継の秘訣とは?――企業を永続的に発展させるには
<歴史から経済・経営を学ぶ>
  • ・「徳川幕府の経済政策」に学ぶ令和経済復活へのヒント
  • ・「江戸時代」に学ぶ日本経済再生のヒント
  • ・江戸の名君から学ぶ危機突破力と経済再生策
  • ・徳川家康に学ぶ経済戦略――日本経済再生のヒントがここにある
  • ・徳川家康に学ぶ経営戦略――ピンチをチャンスに変える
  • ・徳川家康に学ぶ事業承継の最強モデル
  • ・危機管理の最強モデル・徳川家康に学ぶ
  • ・ピンチをチャンスに変えた先人――徳川家康に学ぶ危機突破力と日本経済再生の
    展望
  • ・ピンチをチャンスに変えた先人――「東の渋沢栄一・西の五代友厚」に学ぶ危機突破力と日本経済再生の展望
  • ・危機の時代の生き残り戦略――真田幸村から学ぶ危機突破力
  • ・危機の時代の生き残り戦略――戦国大名に学ぶ危機突破力と経済再生策
  • ・戦国武将に学ぶ事業承継成功の秘訣――徳川家康、武田信玄、上杉謙信など

 その他、個別のご要望・ご相談に対応します。

ページトップへ