プロフィール

岡田 晃

(おかだ あきら)

大阪経済大学客員教授(大学院経済学研究科、経済学部)
経済評論家として活動中

略歴

1947年
大阪市に生まれる
1971年
慶応義塾大学経済学部卒業
同年
日本経済新聞入社。松山支局、産業部など
1987年
編集委員
1991年
テレビ東京出向(日本経済新聞編集委員兼務)
「ワールドビジネスサテライト(WBS)」マーケットキャスター
1994年
テレビ東京 経済部長
「WBS」プロデューサー
各種経済番組のプロデューサー、キャスター、コメンテーター
1998年
同NY駐在(~2003年)
NY支局長、テレビ東京アメリカ(米国現地法人)社長
2003年
同 理事・解説委員長
2006年
テレビ東京退職
同年
経済評論家として独立、大阪経済大学客員教授に就任(~現在)

ページトップへ

主なテレビ・ラジオの出演番組

テレビ東京系列
「ワールドビジネスサテライト(WBS)」
「モーニングサテライト」
「クロージングベル」
BSジャパン
「こちら経済編集長」
東京MXテレビ
「東京マーケットワイド」
ラジオNIKKEI
「マーケット・トレンド」
その他、多数
 

ページトップへ

その他の活動、所属団体など

  • 景気循環学会
  • 経済教育学会
  • 日本記者クラブ
  • 「産業遺産国民会議」発起人
  • 「新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)」運営委員
  • 日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク
  • 埼玉大学経済学部非常勤講師(2007~2010年)

ページトップへ

主な著作

ページトップへ

講演・研修の主なテーマ

<経済全般>
  • 「2018年の景気展望――世界経済と日本経済の行方」
  • 「2018年の景気見通し――安倍政権の行方と日本経済の展望」
  • 「2018年の政治と経済をズバリ予測する――どうなる日本」
  • 「2018年の景気と株価を読む5つのポイント」
  • 「東京五輪と日本経済の展望~小池都政と安倍政権の行方」
  • 「東京五輪の経済効果と日本経済の見通し」
  • 「トランプ大統領の衝撃!――どうなる世界と日本」
  • 「トランプ大統領と揺れる国際情勢――日本経済への影響と展望」
  • 「英国のEU離脱ショックと欧州情勢――世界と日本への影響と展望」 
  • 「地方を元気に!――日本経済再生と地方創生の展望」
  • 「5年後の日本経済、10年後の日本経済」
  • 「日本経済の展望と企業戦略」
  • 「少子高齢化時代の日本経済と企業戦略」
  • 「経済先読みの達人をめざせ――経済ニュースからビジネスチャンスを見つける」
     など
<経営・ビジネス>
  • 「成長企業はここが違う――連続最高益企業の秘密」
  • 「課題こそニーズだ――大転換の時代を乗り切る企業戦略」
  • 「ピンチをチャンスに変える経営――七転び八起きの経営者人生に学ぶ」
  • 「時代を切り開くダイバーシティ経営」
  • 「事業承継のポイントと課題――企業を永続的に発展させるには」
  • 「危機管理のポイントと対策」
  • 「不祥事を防ぐための10カ条&不祥事が起きた後の対応策10カ条」
  • 「正しい記者会見の開き方・10カ条――メディアとの上手な付き合い方」
     など
<歴史から経済・経営を学ぶ>……2018年は明治維新150年
  • 「『明治維新150年』から学ぶ日本経済再生の展望」
  • 「『明治維新150年』から学ぶ日本経済再生と地方創生の展望」
  • 「明治維新150年・西郷隆盛から学ぶ七転び八起き人生
      ~ピンチをチャンスに変える」
  • 「明治維新150年・五代友厚から学ぶ日本経済再生のヒント」
  • 「明治維新150年・世界遺産『明治日本の産業革命遺産』に見る日本の底力」
  • 「明治維新150年・ピンチをチャンスに変えた先人たち
      ~日本経済再生のヒントを学ぶ」
  • 「『明治維新150年』から学ぶ危機突破力と日本経済再生の展望」
  • 「真田幸村から学ぶ――現代の戦国時代を生き抜く中小企業の経営戦略」
  • 「戦国武将から学ぶ事業承継――武田信玄、上杉謙信、徳川家康」
  • 「超高齢化時代をどう生きるか――60歳で天下を統一した徳川家康に学ぶ」
  • 「危機管理の最強モデル・徳川家康に学ぶ」
  • 「先人から学ぶ“危機突破力”――織田信長、徳川家康、上杉鷹山」
  • 「危機の時代の生き残り戦略――戦国大名から学ぶ“経営術”」
  • 「歴史から学ぶ経済改革――日本経済再生のヒントがここにある」
  • 「江戸時代から学ぶ経済再生策――徳川吉宗、上杉鷹山、保科正之」
  • 「戦国最強の軍師・黒田官兵衛から学ぶ経営術」
     など

ページトップへ

『明治日本の産業革命遺産――ラストサムライの挑戦!技術立国ニッポンはここから始まった』