日本経済新聞とテレビ東京での長年の経験をもとに、世界経済や日本経済の現状、そして今後の見通しについて、分かりやすく、かつ鋭く解説します。

「日本経済 快刀乱麻」経済コラムはこちら

「歴史から学ぶ日本経済」歴史コラムはこちら

新着情報

2017/05/16
【歴史コラム】産経新聞のデジタル版(産経デジタル)の総合オピニオンサイト「iRONNA」に『徳川幕府の危機を何度も救った江戸時代版「3本の矢」の真実』を掲載しました
2017/05/16

大阪経済大学「北浜・実践経営塾」開催のお知らせ ビジネスマン参加必須!

大阪経済大学では「北浜・実践経営塾」(2017年度前期)を開講します。

2017年度の「北浜・実践経営塾」を6月から開講します。実力派経営者の話を直接聞ける貴重な機会です。ふるってご参加ください。

詳しくはこちらまで
 

2017/05/10
【経済コラム】会社四季報オンライン連載「マクロデータはこう読むと面白い!(80)
"バブルピーク並み"の求人倍率で賃金上昇の兆し」

→「マクロデータはこう読むと面白い!」バックナンバーはこちら

2017/05/09
【経済コラム】マイナビニュース連載「経済ニュースの"ここがツボ"(85)
フランス大統領にマクロン氏、ポピュリズム拡大にひとまず歯止め - 新政権のカギは経済立て直し

→「経済ニュースの"ここがツボ"」バックナンバーはこちら

2017/03/14
【経済コラム】vol.72 トランプ大統領の本当の姿はどれ? ~意外に好評だった議会演説で株価急上昇、それでも3つの懸念
2017/03/08

集英社発行の総合言論誌『kotoba』(季刊)で、連載「明治の産業革命遺産~“日本の底力”のルーツを訪ねて」を掲載中――第5回は「明治維新と近代化の“陰のプロデューサー”トーマス・グラバー」(2017年春号)

世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」は幕末から明治期の産業近代化の過程を示す史跡群で、九州各地や山口から静岡、岩手に至る8県23施設で構成されています。それらは現在につながるモノづくりの原点を示すものでもあります。連載ではそれら各施設を地域ごとに取り上げ、日本経済再生のヒントを探っていきます。

2017/01/23

大阪経済大学「北浜・実践経営塾」開催のお知らせ ビジネスマン参加必須!

公式ブログを始めました。「経済のここが面白い!」と題して、日頃の経済取材や執筆、講演活動などで感じたこと、こぼれ話などをつづっていきます。是非ご愛読ください。